令和の時代に「家柄の違い」で愛を引き裂かれていいものでしょうか?

令和のロミオとジュリエットの行方は?
川崎貴子 2023.11.07
読者限定

【今回のご相談】

彼が身バレしてしまうと困るのでフェイクを入れるのをお許しください。私は29歳のOLです。

私と彼はたまたま友人と入ったバーで知り合い、付き合い始めて2年が経ちます。お互いに何もかもこんなにぴったりな人は初めてで、運命的な大恋愛で彼からプロポーズされました。

しかし、彼は某名家の御曹司で、彼の両親や親戚や関係者一同全員から結婚を反対されてしまいました。反対される理由は分かります。この家の嫁は私では無理だと。彼は子供の頃からその家を継ぐ為に努力してきましたので今悩んでいるのが解ります。

川崎さんは以前、「愛は能動的な行為」とどこかで書いておられて、私は貧乏しても彼を一生愛する自信があります。それに、今時好きな人と結婚できないなんて納得がいきません。彼もプロポーズの時は、「全てを捨てても君と結婚する」と言ってくれてました。二人で真実の愛を貫くために、私はどんな方法で、迷っている彼に能動的に愛を伝えれば良いでしょうか?

【川崎貴子の答え】

読む限り、相談者さんは本当に彼そのものが大好きで結婚したいんですね。「駆け落ち」というのも時代錯誤ですが、その意向すら感じます。

また、令和のこのご時世に「家や組織が結婚相手を決める世界」がある事に、相談者さんが驚き、怒りすら感じているのもひしひしと伝わってきます。

ただ、残念ながらそのような世界はあるんですよね。実際に。

あるものの存在を否定しても話は前に進まないので先ずはそれを踏まえた上で、相談者さんが少し冷静になって、この回を読んでくれると嬉しいです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2375文字あります。
  • ●自由結婚が許されない世界
  • ●真実の愛とは?

すでに登録された方はこちら

読者限定
松本人志や伊東純也の文春・新潮砲を拡散する社会。若者の恋愛離れや少子化...
読者限定
「普通じゃない俺」が子供を持つ違和感について
読者限定
41歳独身女が「ホストクラブに通うため」にバリバリ働くのはイタいのか?...
読者限定
号外「スピード婚活のコツ」とは?
読者限定
「昇進したらモテなくなって結婚ができない」と怯える、28歳女性が今優先...
読者限定
「もう、したくない妻」が夫婦のセックスから逃げる方法
読者限定
「虐待の連鎖」子供が欲しいけど母になる自信が無い
読者限定
号外:真夏の婚活戦線「このチャンスを逃す事なかれ!」