浮気相手を孕ませて、私を捨てた婚約者。彼に「復讐する方法」を教えて下さい

恨みをエネルギーに、復讐を生きるモチベーションに。
川崎貴子 2022.05.17
読者限定

【今回の相談】

婚約していた彼が二股をかけていて、その相手が妊娠したそうで私と破談になりました。

家族にも友人にも紹介していて結婚を機に会社もやめるつもりだったので、この後どうやって生きて行けばいいのかわかりません。今、私はその元カレと妊娠した女性への憎しみだけで生きています。二人の結婚式に乗り込む、彼の会社に行って暴露する、二人の新居のそばでビラを撒く、などを実行に移すことを毎日考えています。

もっと元彼達に痛手を与える方法は無いでしょうか?私はずっとこのまま、彼らや世の中を恨んで生きて行けばいいのでしょうか?          (27歳  メーカーの総務)

【川崎貴子の答え】

大変でしたね。

裏切られた悲しみ、恨み、くやしさ、ズタズタにされたプライド。ありとあらゆる負の感情で、きっといっぱいいっぱいですよね。

だから、彼を恨んで当然だし、こうやって文章で相談したり、友人やカウンセラーに気持ちを吐き出したりすることが今はとても大切だと思います。

ただ、相手に痛手を与えるために相談者さんが実行したいと考えている事は、全てお勧めでき兼ねます。

それは、因果応報がー、とか、人の生き方とはー、的に説教をかましたいからではなく、ただ単に相談者さんが泣きっ面に蜂な展開になるのが目に見えているから。

そう、要は相談者さんが、

大損こくから、なのです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2533文字あります。
  • 女は、辛い時こそ「損得勘定」しろ!

すでに登録された方はこちら

読者限定
松本人志や伊東純也の文春・新潮砲を拡散する社会。若者の恋愛離れや少子化...
読者限定
「普通じゃない俺」が子供を持つ違和感について
読者限定
41歳独身女が「ホストクラブに通うため」にバリバリ働くのはイタいのか?...
読者限定
令和の時代に「家柄の違い」で愛を引き裂かれていいものでしょうか?
読者限定
号外「スピード婚活のコツ」とは?
読者限定
「昇進したらモテなくなって結婚ができない」と怯える、28歳女性が今優先...
読者限定
「もう、したくない妻」が夫婦のセックスから逃げる方法
読者限定
「虐待の連鎖」子供が欲しいけど母になる自信が無い